ニキビ跡を治すための正しい洗顔方法

ピーリング洗顔料を正しく使おう

ニキビ跡を治すための正しい洗顔方法

ニキビ跡を治すためには、洗顔が非常に重要になってきます。
間違った洗顔方法を続けていると、お肌を傷つけてしまうので、正しい洗顔方法を知り、毎日、根気強く続けていくことが大事です。

 

特に、ピーリング効果のある洗顔料を使うことで、より早くニキビ跡を治すことが可能となります。
その場合の、正しい洗顔方法をご紹介しましょう。

 

ピーリング効果がある洗顔料を使うことで、ターンオーバー(皮膚の再生)サイクルが促進され、お肌が生まれ変わることでニキビ跡を治すことができます。

 

ターンオーバーのサイクルが乱れていると老廃物が溜まり、特に背中はニキビ跡の元になるニキビができやすくなってしまいます。

 

そのため、ピーリング洗顔料で顔を洗うということは非常に効果的ですが、ここで注意しなければならないことがあります。

 

それは、洗いすぎにならないようにするということです。

 

ニキビ跡を早く治したいからといって、1日に頻繁にピーリング洗顔料を使っていると、お肌の表面が無防備な状態になり、かえって肌トラブルを招きやすくなります。
ピーリング洗顔料を使うのは、1日2回までにとどめておきましょう。

ニキビ跡を治すための正しい洗顔方法

ぬるま湯で洗う

洗顔時には、ぬるま湯(36〜38度程度)を使うようにしましょう。熱すぎたり、冷たすぎたりすると、お肌に強い刺激となってしまい、ニキビ跡の治りを遅くする結果となってしまいます。

 

ニキビ跡を治すための正しい洗顔方法

しっかりと泡立てる

洗顔料は、顔につける前に手のひらの上でしっかり泡立てるようにしましょう。その泡で顔を包み込むようにして、「泡で洗う」というイメージで洗うようにしましょう。決して、手でゴシゴシと擦るように洗うのは避けましょう。

 

ニキビ跡を治すための正しい洗顔方法

満遍なく洗う

同じ顔の表面でも、皮脂の量や乾燥具合が異なるもので、どうしても皮脂の多い部分にばかり意識が向いた洗い方になりがちです。洗い漏れのないように、満遍なく、均等に顔全体をしっかり洗うようにしましょう。
ただし、乾燥しやすい目元や口元などは、泡を乗せて軽く洗うだけで十分です。

 

ニキビ跡を治すための正しい洗顔方法

しっかり洗い流す

洗顔料が残っていると、ニキビの元になる細菌の繁殖を許すことになってしまいます。また、肌トラブルの原因にもなるので、洗顔後はしっかりと洗い流しましょう。

 

ニキビ跡を治すための正しい洗顔方法

十分に保湿する

洗顔後は、非常に乾燥しやすい状態になっています。そのままにしておくと、お肌が傷んでトラブルにつながりやすいので、すぐに化粧水や美容液などで十分に潤いを補ってあげる必要があります。
正しい洗顔で、お肌の状態を正常に保つことこそが、ニキビ跡を治すことにもつながっていくのです。